テーマ:

がんばれウェザーニューズ

日本列島を縦断して大きな被害をもたらした台風18号について、 民間の気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)が独自に上陸地点 を発表したとし、気象庁が「気象業務法」に基づいて同社を注意したそ うです。 同庁では「台風などの防災情報は、混乱を防ぐために一元化しなけれ ばならない」としていますが、ウェザー社は 「利用者のニー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎賓館が国宝に

迎賓館が国宝に 文化審答申 迎賓館赤坂離宮を国宝に 明治以降で初 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000019-maip-soci 迎賓館は宮内省内匠寮技師の片山東熊氏(1854~1917年)などによって、 1909年に竣工しました。 建築様式はフランスの宮殿に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の新番アニメ

これまで視聴した中では「超電磁砲」と「ささめきこと」がなかなかイイっすね。 その他の作品(なのはA's再放送も含む)も比較的まずまずなのが多いように感じます。 さて、今週から始まる「キディ・ガーランド」はどうなんでしょうか・・・!? 先日お誕生日を迎えたあのお方が演じるあのキャラのアノ台詞は果たして聞けるのかな(謎) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実りの秋

「田植えから100日余りの労苦が報いられて、 黄金色になった稲は、たわわに頭を垂れ、 微風にサワサワと豊かな波を立たせる。 あぜ道を通るたびに、草の実がこぼれ、 歩く前後にイナゴがパラパラと音をたててはねる。 ・・・青ガラスのように晴れ渡った空には、赤とんぼが 羽を日に輝かして飛びかっている。 サクサクと、田んぼの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観月

(この記事は10月03日に書いています。) 月見とは、旧暦の8月15日と9月13日に月を鑑賞すること。 前者の夜を「十五夜」。 後者の夜を「十三夜」と呼びます。 十五夜の月は、サトイモなどを供えることが多いため「芋名月」 とも呼ばれます。 一方、十三夜の月は、栗や豆を供えることが多いため「栗名月」 又は「豆名月…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

秋の新番アニメの期待タイトル(つづき)

新作で個人的に気になった「けんぷファー」、「そらのおとしもの」について。 前者は堀江由衣さん・田村ゆかりさん・水樹奈々さん・中島愛さんといった “歌姫声優4人衆”が揃って登場に加え、あの野村道子さんも久々に出演です から(笑)。 これはもう期待大ってことで。 後者は主人公役の保志総一朗さんの演技に注目とゆーことで(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の新番アニメの期待タイトル

今季も美少女がいっぱいで嬉しい限りです(笑)。 2期(分割2クール)、スピンオフ、特別編は普通に期待するとして(笑)。 新作で個人的に気になったのは 「けんぷファー(臓物アニマル!)」 「生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録(花田十輝氏がシリーズ構成!)」 「そらのおとしもの(未放映1話在り、デンジャラスな内容らしい)」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大都市の駅の喧騒

シルバーウィークを有効利用か?学友と梅田で待ち合わせ。 大阪駅の中央西口で改札から出てくる人の波を見ながらぼーっとしてい たら、これが結構面白い・・・・・・。 ピンポンダッシュならぬ改札ダッシュをかける人、何かに遅れそうなの かものすごい勢いで駅の外に消える人、仕事なのか待ち合わせなのかわ からないが前方の一点に集中し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臼井儀人先生としんちゃん

           南無地蔵大士  南無地蔵大士 行方不明になっていた、臼井儀人先生は最悪の結末を迎えて しまいました。 無事に帰ってきてほしかったのですが、残念ながらその願いは 叶わなかったことになります。(事故の可能性が濃厚) そして、そして。気になるのが…、 ネットニュースを見ていたら、アニメを制作してい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

安楽寿院陵

南無地蔵大士  南無地蔵大士  今上皇帝聖寿萬歳 南無地蔵大士  南無地蔵大士  今上皇帝聖寿無窮 安楽寿院の西に接するように鳥羽天皇陵はあります。 林に囲まれた中心に、小さい法華堂が建てられています。   保延5年(1139)、当時の鳥羽法皇(上皇)はここを自らの陵所に定めて 三重塔を建て、落慶法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近衛天皇陵

南無地蔵大士 南無地蔵大士  今上皇帝聖寿萬歳 南無地蔵大士 南無地蔵大士  今上皇帝聖寿無窮 近衛天皇安楽寿院南陵 伏見区竹田浄菩提院町 安楽寿院の前に天皇陵があります。 近衛天皇陵(といっても多宝塔)。 近衛天皇は病弱で早世だったから歴史的にはあまり活躍しません。 (72)白河 (73)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お彼岸

南無地蔵大士 南無地蔵願王尊 南無大願地蔵王菩薩 南無地蔵大菩薩 お彼岸の「彼岸」とは、サンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、 煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみ つ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達 することが出来るというもので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食欲の秋

実りの秋 「人喫飯、飯喫人」  人が飯を食えば、飯は人を食うという道元の言葉。 飯を食わねば人ではいられぬが、人が人でいられるのは飯のせい ではナイ。 室町時代の京の禅宗は、茶道/懐石料理文化を支えていたのは確か ですが、権力と近しい存在すぎ、精進料理のオリジナルの文化が どのようなものかは判然としません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学問の秋

実りの秋・・・・・。 涼しくなりました。 過ごしやすい季節になってきました。 例年より、涼しい夏だったのでなんだか秋の訪れが身近に感じられる 今日この頃。 秋といえば、食欲の秋、読書の秋、実りの秋、学問の秋。 頭がクリアになり、自然と様々なものに興味を持ったり集中して物事 に対応できる季節です。 格物致知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉でのんびり(続き)

有馬温泉は、神戸市北区にある温泉。 日本三古湯の一つであり、林羅山の日本三名泉、枕草子の三名泉 にも数えられる、全国有数の名湯。 神戸市にありながら山深く六甲山地北側の紅葉谷の麓の山峡にある 温泉街で、古くより名湯として知られ、多くの人が訪れます。 温泉街はかなりの急斜面にあり、街中を通る道も細く、大きな旅館や ホテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土日旅人・おけいはん

この程(てか先月)、京阪電車・中之島線が10月19日に開通しました。 土佐堀川と堂島川に挟まれた中之島地区。 東西に3km程の小さな島です。 でも、そこには、府立図書館・大阪市中央公会堂・大阪市役所…。 そして日本銀行大阪支店…。 さらに朝日新聞本社・関西電力本社…等々の建物があります。 京阪電車の既…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Greeting Card

JPラッピング車 朝晩は肌寒くなり、年賀状も発売されて、年末の雰囲気になってきましたね。 皆様、風邪などひかないよう、暖かくしてくださいね。 で、年賀状の在り方に対して、斬新な提案を各社から出ていますね。 年賀状のやり取りが減少傾向にあるからこそ、新たなビジネスチャンスとし て認知されているのでしょう。 つい先日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の漢詩

花石亭 林亭秋已晩 騒客意無窮 遠水連天碧 霜楓向日紅 山吐孤輪月 江含萬里風 寒鴻何処去 声断暮雲中 花石亭 林の小亭に秋がもう終わろうとしている。 酔い騒ぐ旅人の気持ちは終わりがない。 遠くの川は天につながって青く、 霜の降りたカエデは日の光を受けてひときわ赤い。 山はただ一輪の月を吐き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温泉でのんびり

「温泉にでも行って、のんびりしたいなぁ~。」なんてことを思う、秋。 家にいればいくらでものんびりできるのに、いくらでもぬくぬくできるのに、 わざわざ何時間も離れた遠い温泉地へと出かけ、ときには外で、氷点下の雪 に囲まれてお湯に浸かる。 これぞ日本人の指向する極楽。 そんな温泉で、もうひとつのんびりを感じられるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉は渋谷越:歌の中山(玉章地蔵)

渋谷越とは、東山を越え京と山科を結ぶ京都市内の通りの一つ。 渋谷は、もともとは滑谷(しるたに:汁谷、瀋谷などとも記される)と 云われ、沢の水が絶えず落ち葉などと相俟って非常に滑りやすい道とな っていたことに由来する名。 もっと古くは、久々目路、苦集滅道(くずめぢ)とも称しました。 東国から京に至る古くからの道であり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「そうだ 京都、行こう。」

中之島線開業で京阪のダイヤが変わって、一週間以上が経ちました。 今回のダイヤ変更。快速急行の登場が大きなポイント。 快速急行とは。 快速急行は、中之島線系統の優等列車として新設。 特急の停車駅に守口市(通勤快急は通過)、寝屋川市、香里園を追加したもの。 枚方市~出町柳間では特急と同じ停車駅。 実質上、急行の枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「そうだ 京都、行こう。」

ここ数日で京都は秋らしくなりました。  これからは紅葉の綺麗な季節ですので、観光の方が一番多くなる時です。 この時期になりますと、ここ京都では普段は公開されていない寺や文化財 などの特別拝観が行なわれます。     京洛の雑踏から少し離れた左京。 東山の峰と鴨の流れの間にほぼ繋がった二つの小丘があります。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

夏目友人帳 第13話 「秋の夜宴」

終わってしまった…。 毎週楽しみにしてたのに…、終わってまうなんて…。 もっと視たいよー! まぁ、一話完結で視やすかったですし、OP、ED、BGMも、とても合ってました。 声優さんもみんな合ってるし…。 特に、井上さんのにゃんこ先生の演技には大変驚かされました。 石田さんの名取も胡散臭さがよく合ってました。 全体的…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

サブプライムローン問題

世界恐慌を乗り切り、9.11でも生き残った歴史あるリーマン・ブラザーズが サブプライムローン問題で、あっけなく破綻しました。 その影響は甚大でした。 世界恐慌以来のショックを、リーマン自身が破綻することで、世界中に影響 を与えるとは、あまりにも皮肉な結果に…。 リーマンのCEOは、こうなる前は三年連続、最高の経営者として讃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サブプライムローン問題

サブプライムローン問題―――。 金融危機…。 富士(讃岐富士)は相変わらず輝いていますが…。 金融界はドタバタ―――。でもね…。 こういう時こそ『温故知新』。 同じような状況。昭和恐慌の状況を振り返ってみましょう。 1920年3月15日、東京株式取引所の株価は大暴落します。 これをきっかけに、第一次世界大戦後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸入り

今日は、彼岸の入り。 心配された台風13号も昨晩の内に通り過ぎました。 昔から、彼岸には先祖の霊を敬い墓参りをする風習があります。 またぼた餅、おはぎ、団子、海苔巻き、いなり寿司などを仏壇 に供え、家族でこれを食べる風習も残っています。 彼岸とは、仏の理想の世界であるこの世の「向こう岸(浄土)」 を意味する言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千の風になってSP「特攻日記・なでしこ隊」

太平洋戦争末期、鹿児島の知覧で、「なでしこ隊」と呼ばれた少女たちだけが 見た、封印され続けた特攻隊の真実に迫るドキュメンタリードラマ。 主演は成海璃子。   「なでしこ隊」の生存者であり、鳥濱トメさんとも親交の深かった永崎(旧姓・前 田)笙子さんの証言と、笙子さんが綴った当時の貴重な日記を元にCXがドラマ 化。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Subprime mortgage crisis

まさにサブプライムは滅びの呪文…。 "Subprime mortgage crisis":『サブプライム問題』 ⇒ニューヨークタイムズで分かりやすく表されていますよ。 「A Year of Heavy Losses」 これは約1年でどれだけ時価総額が目減りしたかをグラフ化してるんですが…。 ニューヨークタイムズ h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「そうだ 京都、行こう。」

「そうだ 京都、行こう。」 2008年 初秋 勝林院編 『涼しくなったら考えよう、       そう言って後回しにしていたこと、           ここに来たら思い出しました。』 穏やかな時間のなかで、移ろいゆく季節をじっくり感じたい初秋のころ。 心を静かに、五感を研ぎすまして、小さな秋を探しにお出かけください…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝台急行「銀河」廃止

既にご存知と思いますが、東京~大阪間の寝台急行「銀河」が来春廃止され ます。 (朝日新聞の記事) 一部の豪華列車を除き、他の列車も将来的には廃止の方向にあるということ です。 お盆などの多客期のみの運転にして残せないものかと思いましたが、それも 無いようで非常に残念ですね…。 285系使用の寝台特急も将来的には廃止の対…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more