true tears 第07話 「ちゃんと言って、ここに書いて」

ファボーレ大好き!
画像
画像

「PERSONA-trinity soul-」「true tears」
どっちも海王丸パーク、富山ライトレールとか、そしてファボーレ
とか普通に出てくる富山県が舞台の作品。
true tearsではファボーレがよく出てきます。
画像

ファボーレは富山県富山市婦中町下轡田にある平和堂系(滋賀県)の
ショッピングセンターです。
平日でもすごい人。
土日の夕方は駐車場から出れないといいます。
暇ならとりあえず行くか~って感じな処のようです。
当然、知り合いに遭遇する確率高し!!
画像

テナントとして、専門店街の外装アル・プラザ富山を核店舗に、
主要専門店として、シネマコンプレックスのファボーレ東宝(先週出ました)、
ヴィレッジヴァンガード、無印良品、マクドナルド、ミスタードーナツ等、など
100の専門店が入っています。
画像

でも呉西だったら、イオン高岡とかのほうが近いでしょうが…。

そういえば…、
「PERSONA-trinity soul-」で出てきた富山ライトレールは、かなり随分
キレイに描かれていましたね。
画像

さて、ニコニコ動画にあったコメントで秀逸なのを一つ。

『青春に殺される』

うーん、納得、納得。

サブタイトルの
「ちゃんと言って、ここに書いて」
が乃絵の声なのは判ってましたけど、まさかあのような展開で
放たれるとは。

ア―――、乃絵可愛過ぎる!!
画像

ホント、目の離せないアニメですね。
乃絵は良くも悪くも素直過ぎる子なので、その辺り鈍感な眞一郎
に合ってるといえば合ってますな。
その鈍感さゆえに新たな修羅場に突入しちゃったわけでもありま
すが…。

そして三代吉、玉砕…。
前話の顔芸の割りに、あまり堪えてないような感じですが…。
これは三代吉が愛子との恋人関係を崩したくないから我慢してい
るのでありましょう。
前話の、あの階段でのシーンにおける比呂美との関係を確認する
台詞は、比呂美と眞一郎の関係が進展してくれれば、愛子に眞一
郎を諦めさせられると考えての言葉でしょうね。
しかも凄いのは、この事を少しの間を台詞前に入れるだけで表現
してんですから、演出家の手腕に拍手。

そして喧嘩の場面の比呂美の表情変化は劇的。
このアニメは表情の表現に気合入れていてGood!!
画像

そして台詞のテイストもGood!!
乃絵というキャラクター、所謂『電波系』に分類されそうな振る
舞いなんですが、ただ、ただ意味不明なワケでもなく、逆にどれも
これもが真実であるかのように感じさせる、稀有なキャラ。
そのキャラに、この台詞。

「あなたにとてつもない罪をプレゼントするわ。」

うーん、Excellent!

リフレクティア

"true tears 第07話 「ちゃんと言って、ここに書いて」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント