雑形客車の代表:44系客車

戦後の復興期、特急列車の本格的な復活の気運に乗り、戦前製の旧型客車に代わる
特急用客車として昭和26年に登場したのが44系客車である。
画像

車掌室のあるスハフ43形とそれの無いスハ44形、それに荷物室付きのスハニ
35形の3形式が製作され、東海道本線の特急「つばめ」をはじめ、東北本線特急
「はつかり」に使用された由緒正しき特急用客車である。

製造両数はわずか49両にとどまっており、中でもオリジナルのスハフ43形はわ
ずか3両のみが製作された希少車であった。
画像

東海道本線筋から撤退後は、スハ44形に車掌室を取り付けてスハフ43形化する
改造が行われ、14両が登場した(車番は11~が付与された)。
この車両は客室の一部を車掌室に改造しただけなので、オリジナルの0番台車とは
一目で区別がついた。

44系は当時としては乗り心地の良かったウィングバネ式のTR47形台車を履い
ているために重量が重く、加えて冷房装置も備えていなかったことから、特急列車
の電車化・気動車化が進むに伴い次第に敬遠されていった。
画像

四国へは1975年に6両のスハフ43形がやってきて普通列車用として余生を送った。
この6両の中には、オリジナルのスハフ43形(1~3)も含まれていた。
昭和50年代も後半になると殆どの車両は廃車となり、四国で5両のスハフ43形
(2/3/15/16/18)が最後の活躍をしていたが、昭和60年3月のダイヤ改正で旧型客
車による定期旅客列車は、全て50系客車や気動車に置き換えられ、この44系客車
も現役を退いた。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック