ゼロの使い魔 -三美姫の輪舞-  第12話 「自由の翼」

画像

ベリーダンス(Belly dance、あるいはbellydance)は中東およびその他の
イスラム圏で発展したダンス・スタイルを指す言葉であり、これらを呼称
するために造語された西洋の呼称。
画像

ヨーロッパでも「オリエンタル・ダンス」「ダンス・オリエンタル」「エ
キゾチック・オリエンタルダンス」「オリエンタル・ベリーダンス」など
の呼び名で知られます。
画像

ベリーダンスはイスラム時代以前のエジプトより、口承に基づき伝授され
知られていました。
画像

その起源は諸説存在するものの、エジプトと関係があるようです。
例えば紀元前5世紀ほど昔のものといわれるエジプトの墓の壁画には、半裸
のダンサー達が描かれており、その姿はベリーダンサーが鏡の前で行う柔軟
体操の姿勢に似ています。
エジプトがウマイヤ朝に征服され、地中海世界全体に伝播したと推測されま
す。ベリーダンスはイスラームが広めたのです。
画像

さてベリーダンスを育んできたイスラームとは?
簡単に云ってしまえば唯一神アッラーを信じる宗教です。
イスラームとは「帰依すること」を意味する言葉で、具体的には聖典クルアーン
の教えに従うということです。
ムスリムという言葉は「帰依した人」の意味で、「アッラーのほかに神は無し」
「ムハンマドはアッラーの使徒なり」という二つの信仰告白をした者をさし
ます。
イスラームはアッラーとムスリムの契約によって成り立つ宗教です。
画像

さて、イスラーム世界は7世紀から地理的に急速に広がり、多くの国々が興り、
滅亡していった背景があります。
彼らはジハード「聖戦」という名の下に、領土を拡大していきましたが、日
本人には血で血を争うダークなイメージを持つ方が多いと思いますが、これ
はイスラーム世界に限ったことではなくて、古代から世界中で行われてきた
侵略戦争や宗教戦争と大きな目で見ると何ら変わりはないと思います。
画像

それでは、なぜ7世紀からこんなに急速にイスラームが広がっていったので
しょうか?
画像

それはイスラームは征服した町及び国の住民に対してイスラームへの改宗を
強要しなかったからです。また、すでに存在していた宗教を容認しました。
税金を払えば他宗教者・他民族の居住を認めましたし、他宗教の寺院や教会
なども必要以上に壊したりもしませんでした。
被征服者に「クルアーンか貢納か剣のどちらかを選べ」と迫ったのです。
画像

また、ギリシアやペルシアや諸民族がはぐくんできた文化の良いところは
積極的に取り入れ、イスラーム風に改造し、イスラームの法にのっとった
生活を維持、成長させていったのです。
画像

イスラーム世界は14世紀にイタリアに興ったルネッサンスまでは経済と文化
の中心として世界をリードしていました。
海陸両方のシルクロードを通って流通する香料などの貿易による利潤は相当
なものでした。
画像

ルネッサンス期からヨーロッパの文明が飛躍的に進化しましたが、これに
よってイスラーム世界が急速に縮小したのかというとそうとは云えません。
ルネッサンス期以降もオスマン朝、「イスファハーンは世界の半分」と謳わ
れた華麗な都をもつイランのサファヴィー朝、そしてインドのムガル朝など、
永く栄えた王朝は独自の文化を昇華し、その経済力は大したものでした。
画像

さて、脱線しましたね。
ベリーダンスを育んだとも云えるウマイヤ朝。
ウマイヤ朝(661年-750年、Umayyad)は、イスラム史上最初の世襲イスラム
王朝です。
画像

ヨルダンにはウマイヤ朝の宮殿がいくつか残っています。
なかでもアムラ城の内部は、謁見の間と浴場があり、厳格なイスラームの
戒律をしばし忘れて酒宴や入浴を楽しむ施設として利用されていました。
床にはモザイク画が施され、壁には宮廷生活(裸の乙女の肖像も)や神話な
どをモチーフにしたフレスコ画がありました。
宮廷では毎晩エジプトから伝わったベリーダンスが披露され、踊り子は貴族
や王侯に性の奉仕をしていました。
画像

ウマイヤ朝は東はアフガニスタンまで、西はマグリブ、イベリア半島にまで
勢力を拡大していきました。
ウマイヤ朝は巨大な版図を体系的に統治することが出来ず、実際の行政は征
服した現地の官僚などにゆだねざるを得ませんでした。
やがて、王家の人々を中心とする貴族階級とアラブ系ではないイスラム教徒
との間に確執が生じました。
上記に象徴されるような貴族たちのイスラームの戒律に反した生活の乱れと
いったようなさまざまな矛盾があきらかになり、反体制的分派運動が起こり
ます。
この機運を利用したアブー・アル・アッバースにより750年にウマイヤ朝は滅
ぼされます。
画像

ウマイヤ朝がアッバース朝によって倒された後、生き延びたウマイヤ家のアブ
ド・アッラフマン(731-788年)は、モロッコからイベリア半島に渡り756年にコ
ルドバを首都として後ウマイヤ朝を建国します。
アブド・アッラフマンがイベリア半島に渡ってくる以前に、ウマイヤ朝第六代
のカリフ、ワリード1世の命令で、ベルベル人を主力とするイスラーム軍を引
き連れたターリク・ブン・ジァードによって711年に西ゴート王国は滅んでいま
した。イベリア半島は、翌年出征してきたムーサーとターリクの共同のアンダルス
平定作戦により、ウマイヤ朝の属州になっていたのです。
ちなみにイスラーム軍は732年にトゥール・ポワティエの戦いで 北上を阻まれ
ましたが、ローヌ渓谷を攻略し、743年にはリヨンに到達しています。
アブド・アッラフマンの孫のアブド・アッラフマン2世は、バグダッドのアッバース朝
に対抗するために、各地から学者を招いて優遇しました。
画像

その後コルドバは約400年にわたってヨーロッパにおける学問の中心となりまし
た。コルドバでは各所で毎晩ベリーダンスが披露され、ヨーロッパの留学生は
性に開放的な踊り子たちの踊りに、性に閉鎖的な西欧世界のうさを晴らしたの
です。またイベリア半島に伝わったベリーダンスはジプシーに伝わって、ヨー
ロッパ各地に伝播します。
画像

現在、演じられるベリーダンスは、大きく分けると宮廷系とジプシー系に分
かれます。それぞれ衣装や微妙な振り付け、音楽の雰囲気などが異なります。
さらに、ニューエイジ系と呼ばれるアメリカナイズされた一派もあります。
また、音楽的な選択肢も増えています。
アラビア音楽が主流ですが、それにも古典あり、フォーク系あり、最近では
打ち込みによるアラビア音楽もあります。
もちろん、本来のベリーダンスの醍醐味が「生演奏との呼応」にあることは
云うまでもありません。
画像

今、ベリーダンスは世界的なブームを迎えています。
アメリカはもちろん、フランスやドイツ、オーストラリアなどにもベリーダ
ンス学校が星の数ほど設立されています。
エジプト、トルコでは、今や国を代表するエンターテイメントとしての地位
を確立しており、一流ベリーダンサーは憧れのスターです。
画像

アニメ版第三期の最終回です。
今回はアニメ最終回のための"最終回"というか、お話が少々突飛に過ぎる
印象を抱きましたね。
画像

ただ、原作に連なる「ゼロの使い魔」の最終回が前回だったと考えると、あま
りに最終回過ぎる今回のお話の位置付けがなんとなく中途半端。
タバサと才人関連のエピソードを、慌しい最終回でやってしまうのは勿体な
いですぜ…。
ジョセフ王も使い切れなかった感じで残念でしたし、学院の面々やルイズと
才人のコンビも、もうちょっと活躍させて欲しかったですね。
画像

でっ最終回の戦闘…、大いなる槍ですか…。ライフリングされた砲身に、砲尾
から弾詰めて無煙火薬で発射し、反動を駐退復座機でやり過ごすという近代
兵器ですね。
画像

学院へ戻った一行。アンリエッタによる御咎めは無く、ルイズは第二継承権
を得、そして才人はシュバリエの座を戻されました。
おまけにタバサ:シャルロット姫が積極的!!
ここにきて、原作の残りの大盤振る舞いです。
まっ、めでたし、めでたしってワケです。
画像

でぇ…、第四期は…、
―――どうなるんでしょうね?
とにかく待ち遠しいです。

ゼロの使い魔~三美姫の輪舞~キャラクターCD 1 感じるルイズ
コロムビアミュージックエンタテインメント
2008-09-03
ルイズ(釘宮理恵)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

孕ませ王 -ハラマセキング-
Frill
2008-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック