みなみけ~おかわり~ 第02話 「味は代々受け継がれていくもの」

画像

今年は子年。
となると、みな一斉に鼠を想起するのは必定。
子の年は鼠、丑の年は牛と、十二支に十二禽を割り当てることは、
古く支那に起こって日本、朝鮮、越南等の隣国に及んでいます。
画像

暦法の十二支に十二の動物を当てるようになったのは戦国時代の
ころと云われます。
これは難しい暦法を解りやすくするため、バビロニアから伝わった
十二宮のアイデアを取り入れて十二禽を割り当て、秦が顓頊暦に
採用したという説があります。

ただ、おなじみの面々がそろうなか、鼠にはどちらかといえば芳しく
ないイメージがあるようです。
鼠は昔より国に盗賊、家に鼠と嫌われ、清少納言も、「汚げなる物、
鼠の住家、つとめて手遅く洗う人(略)」と書いています。
しかし、大国主命が野原で火に囲まれていたとき、鼠が現れて逃
げ道を教えたという、ポジティヴな話も古事記に載っています。
こうしたことから鼠は大黒天の使者といわれることもあり、白い鼠が
住む家は繁盛するという俗説が伝わります。また北浜や兜町では、
子年を「ネズミ繁盛」の年と呼んで縁起が良いとされています。

これに加えて、「子」という字には、康煕字典によると「ふえる」とか、
「しげる」という意味もあります。

その意味から繁殖力に特徴のある鼠が子年に似つかわしいともい
えるかもしれません。

本編は子年にちなんで、ハムスターの飼育の話でしたが…。
画像

…さて、
作画監督は誰ですか?

モブキャラの手抜きが酷いですね。
モブキャラ全員がペルソナ状態。
…というか狙いですか?
『ペルソナ3』
http://p3.atlus.co.jp/


そして…、
今回の話はやや冗長で、途中で飽きてしまいました。

30分ストーリー形式でやるのは、「みなみけ」向きではないかもしれ
ませんね。
第一期同様、細かく区切って、それぞれにオチをつけてほしいです。

それにしても今回のお風呂シーンは味気無かった。
画像

「ペルソナ3」オリジナル・サウンドトラック

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック