スケッチブック -full color's-  第08話  「ラジカセと少女の二本立て」

「太王四神記」のOST。
まだ買っていないのですが、 太王四神記のサントラの一曲、
「アァァァー、アァァァー♪」
と上昇音階で、女声の民謡風な始まり方をする曲があります。
画像

(この映像で出だしのみ掛かります。)
http://www.youtube.com/watch?v=iR5mXcOfyHE

バトルシーンとか、勇ましいときにかかってる曲。
これが、河内音頭の始まりのメロディーに似ていて、聴くと河内音頭が頭の中
をグールグル―――。
たぶん、そうなるのは河内出身の人間だけでしょうが。
OST買って、久石譲ワールドに浸ってみようかな。
画像

池田理代子先生によるコミック版も発売されるそうで…。
こっちも読んでみようかな?

さて太王四神記の主役・広開土王のライバル、倭のヒロイン神功皇后。
この『スケッチブック』の舞台、九州北部には神功皇后の遺蹟や、所縁のある
神社が沢山あります。
安産の御神徳がある神様として有名な神功皇后。
ちなみに安産の御神徳がある神様は他にも、木花咲耶姫、玉依姫、豊玉姫命、
鵜草葺不合命などがいらっしゃいます。
画像

神功皇后は、正確には「息長帯比売命」 (おきながたらしひめのみこと)とい
い、仲哀天皇(第14代天皇)の皇后であり、古代史における日本の英雄です。
そのため神功皇后は、八幡系の神社を中心に全国各地の神社で御祭神とし
てお祀りされており、現在でも篤い信仰を集めています。
しかし、戦後の学校教育では神功皇后の御事績などは全く教えなくなってし
まったため、最近では、神功皇后という名は聞いたこともないわ!、という人が
増えてきてしまいました。
戦前であれば、神功皇后を知らない日本人はいなかったのですが…。
と云いますのも、戦前の国定教科書(初等科国史)には、兵を率いて海を渡った
神功皇后の勇ましい伝説が必ず記されていたからです。
では戦前の教科書に載っていた伝説とは…、

朝廷に反抗し続けていた九州南部の蛮族、熊襲族を討伐するため、仲哀天皇
は、后である神功皇后とともに、兵を率いて筑紫国に赴き、香椎の地に仮宮
たる大本営を築かれました。
その仮宮にて、仲哀天皇は琴を弾かれながら、神功皇后を依代として神の言
葉を請いました。すると神懸りした神功皇后は、仲哀天皇に
「西方に金銀財宝の豊かな国がある。それを服属させて与えよう。」
と神の言葉を伝えました。
画像

しかし天皇は、神の言葉に対して
「高い所に昇って西方を見てもそんな国は見えない。これは偽りの神である。」
と不遜な態度をとり、この託宣を信じずに琴を弾くのを止めてしまわれました。
武内宿禰は、
「我が大王、どうか琴を弾き続け下さい。」
と進言したのですが、不遜な態度をとった天皇は直ちに神の怒りに触れ、その
場で崩御。
ちなみに、現在、仲哀天皇を主祭神としてお祀りする香椎宮の鎮座している地
が、仲哀天皇が駕崩された地と云われています。
画像

神の怒りに触れて崩御された天皇の穢れを祓うため、大祓の儀が行われ、こ
の儀式が滞りなく済むと、武内宿禰は再び神の声を問いました。すると、
「この国は皇后の御腹に宿る御子が治めるべし。」
という託宣が下されました。
このとき神功皇后は仲哀天皇の御子つまり後の応神天皇を身籠もっておられ
たのですが、神は、その御子がこの国を治めるべきであると託宣を下されたわ
けです。
疑問を持った武内宿禰は、託宣を下された神の名を問うと、神は
「神託は天照大神の意思であり、それを伝えることを命じられたのは住吉の三
 所明神である。西方の国を求めんとするならば、天津神・国津神、諸々の神々
 と我が御魂を船の上に奉り、大海を渡れ。」
とお答えになられました。住吉三所明神とは、現在、住吉大社でお祀りされてい
る底筒男命、中筒男命、表筒男命の三柱の神様のことです。
画像

神功皇后は神意に従って、熊襲を討伐し、九州を平定した後、住吉三神を守り神
として軍船を整えて、身重の体でありながら自ら兵を率いて新羅に出兵しました。
そして、皇后の率いる軍は新羅を征伐し、更に、新羅だけではなく高句麗や百済
の国々をも平定するという大事業を成し遂げました。
皇后は、新羅の王に永久に仕えることを誓わしめ、高句麗や百済をも配下に治め
て帰国の途につきました。
これが有名な『三韓征伐』です。

高句麗の談徳こと広開土王(好太王)の功績を叙述した石碑「広開土王碑」には、
倭が海を渡って新羅や百済などを臣民としたと読み取れる字句や、幾度か倭軍と
高句麗軍とが交戦した記載があり、これが神功皇后の伝説を歴史的事実と見なす
ことができる重要な史料とされています。
画像

さて新羅を平定した神功皇后は、新羅への遠征から帰る途中でにわかに産気づき
ました。そこで、2個の石を衣服の腰の当たりに巻き付けて出産を遅らせ、耐え忍び、
筑紫国で仲哀天皇の御子を無事に出産されました。
この御子が、後の応神天皇こと八幡大菩薩です。
しかし皇后は、三韓平定という大事業を成し遂げて朝鮮半島から筑紫国に帰り、そ
の地にて無事出産したものの、直ちに大和には帰還しませんでした。大和で不穏
な動きがあることを察知したからです。皇后は、産まれたばかりの御子を守るため
に一計を案じ、葬儀に使われる喪船を作らせて御子の死を装い、その喪船で、筑紫
から瀬戸内海を経て大和を目指すことにしました。
実はこのとき大和では、御子の異母兄に当たる香坂王(麛坂王)と忍熊王の兄弟が、
神功皇后が御子を出産されたことを知り、皇位を狙って御子の命を奪おうと企んで
いたのです。
この香坂王と忍熊王は、仲哀天皇と大中津比売との間に生まれた皇子です。
画像

皇后が喪船で大和に向かっていることを知った香坂王と忍熊王は、皇后と戦うこと
を決意し、戦いを前にして、狩猟で吉凶を占うため狩りに出かけました。
しかしこの狩りの結果、兄の香坂王は大きな猪に喰い殺されてしまいました。
ちなみに、このことは忍熊王の敗戦を意味していたのですが、忍熊王は出陣をし、
上陸してきた皇后軍と戦いました。

忍熊王は、武内宿禰の軍に敗退、山代、逢坂、沙沙那美へと敗走を余儀なくされ
ます。そして最後には、琵琶湖の船上から身を投げたということです。
これが有名な『忍熊王の乱』です。

その後、御子が応神天皇として即位するまで、皇后は御子を皇太子として、自らは
摂政となって政務を執り続け、百歳で亡くなったとされています。
画像

以上のような事績から、神功皇后は安産の神であると同時に、武の神としての神威
も備え、勝運、厄除け、病魔退散などの御神徳もあるといわれています。
「神(かみ)の功(いさお)」という諡号も、神勅に基いて自ら軍を指揮して軍功をあげ
たことによるようです。

おっと、脱線、脱線。
画像

日曜日、スケッチをかねての散歩に出掛けた空。
そんなとき、カメラを持った少女と出会います。

やっと会えました、デジカメ少女。
第01話以来ですね。

デジカメ少女、空をストーキングしまくり…。
激写を捉えた瞬間が詰まったデジカメ。
空が描きたかった一瞬。
写真からスケッチをしてみる…。
なかなかウマい。(って、当たり前。)
おや?写真そのままではありません―――。
空は「見たまま書いた。」と述べていますが…。
画像

空は物の本質と云うものをアナリシスする能力に長けているのか、空の絵は写
実性では劣りますが、その精神性は極めて高いようですね。

スケッチブックでデジカメ少女が幼く描かれているのは、体は中一ではあるが、
その精神の幼さを空が絵に表現したからでしょう。
画像

アバンタイトル。壊れた葉月のCDラジカセ。
しかし財政難で修理は…。
しかし、修理をよりによって涼風コンビに頼んでしまいます。
画像

一方、朝霞はリアル蛇口を作ってるし…。巳ィさんって…。
『今死』…、ケイトの日本語は相変わらず意味不明。
空閑のエレベーター可愛い過ぎ。

美術室はカオス状態…。
この変わり者集団の巣窟―――。
私も大概脱線してるから、他人のことはとやかく云えませんが…。

さて日曜日に葉月宅に侵寇せし涼風コンビ。
画像

意味不明な言動の数々で、葉月や夏海を激しく困惑させると、涼風ワールド
へと引き摺り込んでいき、しまいにはこのラジカセには除霊が必要…って。
画像

もちろんそれを拒めるはずもなく、葉月が首肯するや否や全力で祈祷開始。
結局、この状況を一番楽しんでいるのは涼風コンビ。
葉月が今回、一番の被害者ですな。
画像

で、この二人、ホンマに壊れたラジカセを直してまいました…。
あなかしこ。あなかしこ。(南無六字明王)・・・。
それにしても二人の除霊パワーって、どんだけー。
画像


コミック版 太王四神記 1巻 (1週間COMICS)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック