ロミオ×ジュリエット 第17話 「暴君~漆黒の因縁~」

公武一和・公武合体・和宮降嫁奏請…。
画像

大老井伊直弼暗殺(桜田門外の変)後、禁裏と柳営間の関係改善をはかり、
朝廷の権威を利用して反幕的な尊皇攘夷派を抑えるために、「公武一和」
を推し進める公武一和の具体策として推進されたのが、大老井伊の遺策、
皇妹和宮と将軍家茂との婚儀でした。

開国後の混乱で、低下した幕府の威信を強化するために大老井伊直弼は
公武合体を画策していました。これは、天皇の御妹を将軍の御台所に迎え
て尊皇を世に示し、朝幕の関係改善で国内を安定させ、幕府の権威を復活
させようというビッグプロジェクトです。
すでに安政5年(1858)井伊大老の政権時に朝廷統制を目的とする降嫁案
が考え出されていました。
しかし将軍家茂夫人候補として敏宮は年長すぎてムリ。そこで最初は生ま
れたばかりの皇女富貴宮が第一候補でした。しかし、富貴宮が翌安政6年に
死去したために、将軍家茂と同い年13歳の皇妹和宮にしぼられました。

「公武一和」のために和宮降嫁を、という幕府の申し込みに孝明天皇は拒
否の回答をしました。和宮には有栖川宮熾仁(たるひと)親王という婚約
者があったことと、和宮を夷人が跋扈する関東の地に行かせるのが不憫で
あるという理由でした。

しかし、この政略結婚をどうしても成立させたい幕府は、有栖川宮家に和宮
との婚約を辞退させるなど、和宮の周辺の人々に工作をおこないました。
そして天皇侍従を務めていた公卿岩倉具視の説得もあり、万延元年(1860)
6月20日、天皇はやむなく「幕府が攘夷を約束するなら」という条件付きで
降嫁を認めました。

この降嫁が勅許となる背景には岩倉具視の説得が大きく影響したといわれ
ています。
朝廷の復権を目指す岩倉具視は、幕府の目論見を知り、それを好機とみて、
朝廷が主導権を握る機会だと思ったのかもしれません。
そして幕府は朝廷の出す攘夷実行の条件を受け入れ、
「取敢えず10年のうちには条約を破棄して、外国を追い出し鎖国する。」
という誓約をおこないました。できもしない無責任な約束をしたのですが、
後々この「攘夷実行」が言質となって幕府を苦しめることになりました。

文久元年10月20日公卿や女官など数千人を従えた和宮の行列は京都を出発。
中山道を江戸に向かいました。そして11月15日江戸に着到。
文久2年(1862)2月11日、将軍家茂と和宮は婚儀の式をあげました。
大奥において和宮と姑の天璋院の間には確執があったようですが、同い年の
家茂とは仲睦まじかったそうです。しかし家茂は慶応2年(1866)、わずか
4年の結婚生活で亡くなってしまいます。

ちなみに江戸時代の迷信に
「丙午の女性は夫を食い殺す」
というのがあります。近年の丙午の年は昭和41年(1966)。
その前は明治39年(1906)です。
明治以前は弘化3年(1846)で、実は和宮はその弘化3年生まれです。
和宮がわずか6歳で17歳の有栖川宮熾仁親王と婚約をしているのは、急いで
和宮の身を固めておこうとしたのかもしれませんね。

さて、歴史に「もし」は禁物です。
しかし、もし家茂と和宮の間に男子が生まれていたら…。
日本はもう少し違った道を歩んでいたかもしれません。

そして、もし、もしですが、もしティボルトがモンタギュー家の嫡子とされておれ
ば、モンタギュー家とキャピュレット家のネオ・ヴェローナ版「公武合体」として、
今のような騒乱は起こらなかったはずです。
モンタギュー大公も今回の争乱を抑えるために、ロミオとジュリエットの婚儀を
政治工作として進めるべきかも…。

さて、ティボルトとモンタギュー大公の衝撃の事実が明らかにされました!
予てからジュリエットの存在を知る謎に満ちた青年・ティボルトの正体が
明らかにされ、ビックリ。

・モンタギュー大公の実母は娼婦で、実父はキャピュレット家の人間
・ティボルトの実母はキャピュレット家の人間で実父はモンタギュー大公

つまりティボルトとロミオは異母兄弟ですな。
これでティボルトがジュリエットを孕ませた日には…。
まさに名古屋の

東海テレビ
http://www.tokai-tv.com/hirudora/

や同じく名古屋の

中部日本放送
http://hicbc.com/tv/drama30/kodomo/index.htm

の好きな、「昼ドラ」の世界。

昼ドラにするなら、こういうサービスシーンも期待。
画像
画像
画像

一方モンタギュー家ではマキューシオをモンタギューの跡取りにすべく画策が…。
モンタギュー大公はこれを阻止すべくタイタスを呼び、暗殺。
自分の実父を目の前で殺されてしまったマキューシオ。

そしてモンタギュー大公はオフィーリアに会い、オフィーリアから
「汚らわしい・・・」と一喝されます。
こっちも事態は悪化しているようです。

和宮様御留

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ロミオ×ジュリエット 第17話「暴君~漆黒の因縁~」

    Excerpt: 今回は、予てからジュリエットの存在を知る謎に満ちた青年・ティボルトの正体が明らかにされ、その新事実にマジビックリ!! 嘗てキャピュレット陣を危機的状況に陥れた張本人・カミロ。 彼の屋敷には.. Weblog: のほほんホビー racked: 2007-08-05 03:07
  • ロミオ×ジュリエット【第17幕】「暴君~漆黒の因縁~」

    Excerpt: 鉱山に戻れと太閤からのお達しがロミオ達のところへ来た ネオヴェローナには戻ることができない そこでロミオは自分達の場所を作ろうと提案する 一方ジュリエットは町でカミロを見つけ付けてみるとティボルトに出.. Weblog: フカヒレ家 racked: 2007-08-05 03:47
  • ロミオ×ジュリエット 第17話

    Excerpt: 「暴君~漆黒の因縁~」 うわっ、そうきたかっ!! 今回で今まで謎に包まれていたティボルト&モンタギューのことが一気に分かりました。 ティボルト登場シーンからは食い入るように見てましたよ。.. Weblog: ラブアニメ。 racked: 2007-08-05 05:36
  • ???�?????? #17

    Excerpt: ?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????... Weblog: ????? on fc2 racked: 2007-08-05 06:43
  • 『ロミオ×ジュリエット』#17「暴君~漆黒の因縁~」

    Excerpt: 「似ているわ、あなたはモンタギューに」 鉱山にもどれと命令されたロミオたちは、 荒れた大地を耕して自分たちの場所を作るのか? かなり無謀だけれどネオベローナに戻るのはもっと無謀ですから、しょ.. Weblog: ジャスタウェイの日記☆ racked: 2007-08-05 09:17
  • ???�??????????????????????

    Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ???????? racked: 2007-08-05 10:16
  • ロミオ×ジュリエット 第17話 「暴君~漆黒の因縁~」

    Excerpt: ロミオ×ジュリエット   現時点での評価:3.5~   [ファンタジー]   CBC : 04/04 25:45   TBS : 04/13 26:25~    サンテレビ : 04/17 .. Weblog: アニメって本当に面白いですね。 racked: 2007-08-05 19:34
  • ロミオ×ジュリエット 第17話

    Excerpt: 第17話「暴君~漆黒の因縁~」 久々登場。ディボルト~♪ Weblog: てぃるみっとのまったり時々毒舌生活 racked: 2007-08-05 20:06
  • ???�????????????????

    Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ????????????????????? racked: 2007-08-05 20:46
  • ロミオxジュリエット #17 「暴君~漆黒の因縁~」

    Excerpt: ティボルトがフラレた・・・(泣) 「愛してるから…あの人を、ロミオを愛したから憎しみはもうない」 そうかー、密かにティボxジュリ推奨していただけに ちょっと残念です(マテ それにしても・・.. Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ racked: 2007-08-06 08:04
  • レビュー・評価:ロミオ×ジュリエット/第17話 泪 ~漆黒の因縁~

    Excerpt: 品質評価 11 / 萌え評価 13 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 75 / お色気評価 2 / 総合評価 18<br>レビュー数 45 件 <br> <br> 鉱山を離れ、ネオヴェローナへの帰還の途.. Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン racked: 2007-08-06 15:30